女性は要注意!パンプスが巻き爪を悪化させる原因だった!

女性は要注意が必要!パンプスが巻き爪を悪化させる原因だったのです!
MENU

女性は要注意!パンプスが巻き爪を悪化させる原因だった!

女性は要注意!パンプスが巻き爪を悪化させる原因だった!

 

仕事柄パンプスを履かないといけない女性は多いのはないでしょうか?しかし、そのパンプスこそが女性を悩ませる巻き爪の一番の原因です。パンプスで巻き爪が悪化する理由や、パンプス選びの注意点についてご紹介します。

 

 

■巻き爪の男女比は2:8

巻き爪は、遺伝によって引き継がれることが多いので、性別に関係なく起こる可能性のあるものです。しかし、実際の巻き爪患者の男女比は、なんと2:8。患者のほとんどが女性なのです。親から遺伝するのであれば、男性の割合がもっと多くてもいいと思いませんか?というのも、遺伝するのは「巻き爪になりやすい爪の性質」のみ。
性質が遺伝したからと言って、巻き爪になるとは限らないのです。女性に巻き爪が多いのは、遺伝のせいだけではないということです。

 

 

■パンプスが女性の巻き爪リスクを高める

女性に巻き爪が多いのは、普段履いている履物が影響しています。男性に比べて、女性の靴はビジュアル重視。いかに脚を綺麗に見せるか、スタイルよく見せるかに特化した靴が非常に多いのです。その結果、女性の足には大きな負担がかかり、巻き爪のリスクを高めてしまうというわけです。とはいえ、仕事上パンプスを履かなくてはいけないという女性は多いです。楽だからといって、オフィススタイルにスニーカーを合わせるわけにもいきません。ですから、正しいパンプス選びの方法を知って、少しでも巻き爪のリスクを減らす必要があります。

 

 

■パンプス選びのポイント

ポインテッドトゥのパンプスは巻き爪には向きません。つま先部分のカーブが緩やかな、ラウンドトゥやスクエアトゥなどのデザインを選ぶようにするといいでしょう。実際に脚を入れてみて、つま先の当たり方を確認するのも忘れずに。また、パンプスを履いている途中に爪が食い込んで痛くなってしまったら、小さく切った硬めのテーピング剤を爪と皮膚の間に挟んでおくといいですよ。爪が皮膚に食い込むのを防いでくれるので、応急処置には最適です。

このページの先頭へ